心配性ママと英国人夫の国際結婚・育児日記

心配性でおっちょこちょいな私と、そんな私に耐える年下英国人夫、やんちゃな子供たちとの、日本での国際結婚・育児日記です。

心にじーんと響いた絵本:『おかあさんだいすきだよ』

もともと便秘気味の娘。最近1週間も排便がないことが続き小児科へ診てもらいにいきました。

 

その時、待合室で本棚にあった本の中から娘が1冊の本を選んで持ってきました。

 

みやにしたつやさんの『おかあさんだいすきだよ』という本です。

 

おかあさんだいすきだよ

おかあさんだいすきだよ

 

 

 

お母さんと小さな子が一緒にお風呂に入っている表紙に惹かれたんでしょうね。私もかわいらしいお話しなんだろうな、と思って読み始めました・・。でも、読んでみるといい意味で予想を裏切られました。

 

『ぼくね、おかあさんだいすき』から始まるこのお話。

『おかあさんは「はやくおきなさい!またねぼうでしょ」っていうけれど、やさしく「おはよう」っていいながら ぎゅうってだっこしてくれたら ぼくね おかあさんのこともっとだいすきだよ』・・・

 

と、『はやくしなさい』『いいかげんにしなさい』と、なにかと小言をいうおかあさんにたいして、『そのままでもすきだけど、こうしてくれたらもっとだいすきだよ』とくりかえしながら、最後に『おやすみなさい』と眠りにつくぼく。そんなぼくが眠った後、ぎゅっとぼくを抱っこしながら『おかあさんもね、あなたがだいすき。なのに、しかってばかりでごめんね。こんなおかあさんのことだいすきっていってくれてありがとう・・・』とおかあさんがぽろりと涙を流します。

 

youtu.be

 

↑のyoutubeを見ただけでもまた涙がこみあげてきました。

 

実はこの日、娘の便秘を心配しすぎていたのと、小児科の予約が朝早かったこともあり、朝から私はイライラ。いつも幼稚園の準備が遅い息子を叱ってはいますが、この日は特別きつく叱ってしまっていたのです。

 

また、息子は、私がどんなに機嫌が悪くて怒っていたとしても、ほぼ毎晩寝る間に「マミー、大好きだよ」とぎゅっと私をハグしてからベッドへ向かうのです。そんな息子の姿も、この絵本のなかのぼくと重ね合わせずにいられませんでした。

 

そんないきさつもあって、この絵本は私に向けられて描かれたものとしか思えないくらい、心にずしーんと響くものがありました。

 

きっとどんなお母さんも、毎日つい小言を言い過ぎてしまったり、自分の体調が悪いときは言い方がきつくなったり、子供に当たってしまったり、そんな経験があると思います。そして決まって夜、子供の寝顔を見て、その日の自分の行動を反省したり、後悔したりして涙するんですよね・・。

 

子供はお母さんがどんなに怒っても、お母さんのことが大好きなんですよね。そんな信頼関係があるからこそつい叱りすぎてしまうのですが、イライラにまかせて怒りが爆発する前に、この絵本を思い出して、もう少し子供たちの気持ちに寄り添えるように気をつけようと思いました。

 

ちなみに、便秘の娘。病院で浣腸をしてもらい、泣き叫びながら排泄しました(T_T) 。3日に一度くらいは排泄しないと、直腸で溜まった便が栓になってますますだせないのだそうです。でも、浣腸で排泄したのが痛くて怖かった娘は、その後も便意が起きても我慢して排泄してくれません。便秘との戦いは長期化しそうな予感です 涙。

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

よろしければクリックお願いいたします↓!


国際恋愛・結婚ランキング

知らない子からパンチされた息子・・・その時とった行動とは

5歳の息子、週1回スイミングに通っています。

f:id:clumsymum:20181115133810j:plain

 

いつもレッスン後は一人で更衣室で着替えて出てくる息子を見学場所でまっているのですが、先日は更衣室からなかなか出てこず、顔を出したと思ったらこちらを向いて何やら手招きしています。

 

『また、何かあったのかな…』と少し不安な気持ちで更衣室を覗くと、息子がプンプン怒りながら「知らない子にお腹をパンチされて痛かった!」と教えてくれました。

 

その時すでにパンチをしてきた男の子は更衣室におらず、どうしたものかと私が考えている間に、息子はさっさと着替えて更衣室を出ていきました。

 

私が娘にジャケットを着せたりしている間も息子の怒りは収まらない様子だったのですが、そのときパンチをしてきた男の子を出口の方で発見したようで、「あっ!あの子だ!マミー、あの子がパンチしてきた子!」と言いながらその子を捕まえようと思ったのか出口の方へかけていきました。

 

息子はパンチされてもやり返さなかったそうなので、やっぱり一方的にパンチしてきた子を注意すべきなのでしょうが、その子の保護者の方もどのような方かわからないし、波風立てずに上手に注意するにはどうしたらいいかなぁ、と思いながら息子の後を追いかけていきました。

 

出口付近で男の子を指さしながら、「マミー!この子!」と教えてくれた息子。その声を聞いて私の方を見た男の子は私と目が合うと何も言わずにパッっと逃げるようにその場を立ち去ってしまいました。きっと怒られると思ったんでしょうね・・。

 

でもやはり悪いことはきちんと注意すべきと、男の子元へ行こうとしたところで、スイミングのコーチに呼び止められレッスンのフィードバックを受けていました。

 

一通りコーチの話が終わって周りを見回すと、すでに男の子は帰ってしまったようで息子だけがその場にいました。

 

『あぁ、ごめんね。ちゃんと注意できなくて。守ってあげられなくて。』と自分のふがいなさにがっかりしている私に、

 

「あの子のお母さんに言って、男の子と男の子のお母さんにごめんねって言ってもらった!」と息子が報告してくれました。

 

本来だったら私が一緒にいてあげるべきだったのにかわいそうなことをさせたな、と思う反面、いつの間にそんなにしっかりしたの!?とびっくりしてしまいました。

 

家ではよく叩かれたりしてもやり返すのは良くないと話しているのですが(夫は、やられたらやり返せ派ですが^^;)、かと言ってやられっぱなしなのも心配だなぁと思っていたので、こんなにきちんと話をして解決できるようになったのだと知って少し安心しました。

 

それにしも、他人の子を叱るのって難しいものですね。自分ではできると思っていたのですが、いざ向こうの保護者の方も居てっとなると言い方に悩んでしまいました。また同じようなことがあったときにスマートに対応できるように、ちょっとリサーチしておこうと思います。

 

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

よろしければクリックお願いいたします↓!


国際恋愛・結婚ランキング

バイリンガル育児おすすめ:【ゲーム】Simon says...

今年から息子が通っているサッカースクール。なんと月謝は無料なんです。

というのも、コーチの方々が皆ボランティアで教えてくださっているからなのです。とはいえ、指導はかなり本格的で、それほどサッカー熱の強くない息子も楽しく通させていただいています^^

 

毎週無償で教えていただけるなんてほんとにありがたいなぁ、と思っていたところ、毎週の送迎&見学で馴染みになった夫に、コーチから「ボランティアで英語教えてくれへん?」とかるーくご依頼がありました^^;

 

夫は内心『やっぱりそうきたか~』とは感じたと思いますが、常日頃から無償で熱心に子供たちを指導してくれるコーチ陣に感謝の気持ちを持っていた夫、恩を仇で返す(ちょっと違うかな?)訳にもいかず、引き受けることになりました。

 

f:id:clumsymum:20181112224610j:plain

 

とはいえ、下は年中から上は小学三年生、総勢約20~25名という大人数クラス。以前勤めていた英会話スクールで子供を教えていた経験があるとはいえ、こんなにレベルも年齢もミックスの大人数グループを一度に教えるのはなかなか大変なのです。。。

 

夫がいろいろ考えた結果、大人数で盛り上がれるゲームをメインにレッスンを組んでみることにしたようです。すると、想像以上にみんな積極的に参加してくれて、普段から英会話スクールに通っていてある程度理解ができる子も、英語にはあまり触れたことがない子もみんな同様に楽しんでくれたようでした。

 

そこで今日は、子供たちに特に大うけだった『Simon says』というゲームをご紹介したいと思います。

 

Simon says(グループ向け):ルール】

1.ゲームを取り仕切るリーダーを一人決めます。

2.その他のメンバーは、体を動かせるくらいのスペースを空けて広がります。

3.リーダーは「Simon says 〇〇(動詞)!」と動作を指示します。

4.その他のメンバーはリーダーが言うことをよく聞いて、「Simon say」と言われた時だけその動作をします。例えば、リーダーが「Simon says run」といったらその場で走る動作をする、など。

5.リーダーは時々「Simon say」と言わずに、「〇〇(動詞)!」とだけ言うなどして、メンバーのミスを誘います。

6.「Simon says」と言われていないのに動作をしたメンバーから脱落。最後まで残った人が勝者です。

 

例えば、リーダーは、「Simon says run! Simon says jump! Simon says sit down! Stand up!」というように、なるべく立て続けに言うようにします。すると、最後の「Stand up」のところで必ず間違えて立ってしまう子がいるので、結構笑いも誘って盛り上がります。

 

夫がこのゲームをレッスンでしようと思ったきっかけは、アメリNBAのハーフタイムショーで行われる「Professional Simon says」を見て面白いと思ったからです。ちなみにこのゲーム、英語圏では定番で、英会話スクールに通っている子はすでに知っていました。

 

↓こちらのYoutubeでも「Professional Simon says」が見られますが、とにかくスピードが速い!まさにプロです。

youtu.be

 

このゲームはリーダーの力量にかかるところが大きいですが、スピードや間の取り方などをマスターすれば大人数で確実に盛り上がれると思います。

 

これからのパーティシーズンにもお勧めですよ^^

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

よろしければクリックお願いいたします↓!


国際恋愛・結婚ランキング

2歳、5歳とハイキング

晴天に恵まれた休日、かねてから夫に熱望されていたハイキングに家族で行ってきました。上ったのは標高700Mほどの山で、登山口から頂上まで約3キロほどの道のりです。

 

昨年息子が4歳の時に、夫と息子の2人だけで上ったことのあるこのルート。割と整備されていて、子供にも上りやすく、初心者向けのコースとなっています。この山にはケーブルカーも設置されていて、ほとんどの人がケーブルカーで中腹まで登って、そこから頂上までハイキングしているようでしたが、我が家は麓から徒歩で出発しました。

 

ここまで書くとまるで我が家はアウトドアファミリーのようですが、実際のところ山登りが大好きなのは夫くらいで、昔から非アウトドアの私は、昨年は娘がまだ1歳だったのを口実に夫と息子のハイキングに付き合わずに済み、しめしめと思っていたくらいです^^;

 

でも、そんな私でも、都市部に住む子供たちにとって自然に触れるのはとてもいいことだと分かっていますので、ここは子供たちの為!と思って、頑張ってついて行きましたっ。

 

娘はハイキングは初めてとあって自宅をでるときから大張り切り。うきうきで家を後にしました。うってかわって、最近何かとと反抗期な息子・・・登山口に着くまでなにやらぶつぶつ文句ばかり。こんなんで大丈夫かなぁ、と不安になりつつ、さぁ登山口につきました!↓

 

f:id:clumsymum:20181109142239j:image

(率先してぐんぐん進む娘と後ろからだらだら続く息子)

 

娘は自宅から持ってきたジップロックにどんぐりをいれるのに必死です。そんな娘の様子を見て、だんだん調子が上がってきた息子。「なんだちょっと楽しくなってきた~」と足取りも軽くなってきました^^

 

そして、15分程経過・・・

 

案の定、娘はすでにギブアップ。もう一歩もあるきません^^; ま、想定通り・・・なので、自宅から持ってきた抱っこひもが登場ー!のはずが、夫も私もすっかり抱っこひもの事を忘れていました!仕方がありません、夫が娘を肩車することになりました。

 

その後も娘は一向に歩こうとせず、中腹の休憩所で持ってきたおにぎりをほおばるときだけ元気よくしていましたが、また山道が始まると「ダディ、抱っこ~」。結局、約3キロの山道を夫は娘を肩車して登り切りました!(しかも足元はコンバース・・よく歩けたなぁ)

 

そして、初めはぐずぐず言って乗り気じゃなかった息子は、時々弱音を吐きながらもなんとかハイチュウでエネルギー補給をしつつ頂上まで登ることができました。頂上の広場で元気に走り回っているのを見て、子供の体力は精神力だなぁと思わされました。

 

ハイキングは数年ぶりという私も、何とか無事登り切れました。でも、帰宅後の疲労感は半端なかったです^^;

 

【教訓】

・小さい子供を連れているときは抱っこひもは忘れずに

・子供が疲れた時に元気を与えるお菓子は必須

・復路はケーブルカーやロープウェーが使える山をチョイス

 

ちなみに、大人の足で90分と言われていたコースですが、結局3時間かかりました^^;

 

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

よろしければクリックお願いいたします↓!


国際恋愛・結婚ランキング

バイリンガル育児おすすめ:【アプリ】Tunein Radioで英語のかけ流し

先日、唐突に夫が「Youtubeを頻繁に見せるのは子供にとって悪影響らしいよ」と言ってきました。急にどうしたのかと聞いてみたら、プレゼン動画でおなじみのTEDでそのような内容のスピーチがあったそうです。

 

『そんなこと、言われなくてもわかってるけど、小さい子供相手しながら家事は大変なのよ』『そもそも、Youtubeを子供に見せ始めたのあなただし・・・』という心の声は押し込めて、「気を付けるようにするわ~」と笑顔で大人の対応 ^^

 

でも確かに、このところ娘に見せすぎてるなぁとは思っていたのです。英語の勉強になってるし(実際、Youtubeで見る英語の童謡からかなりのボキャブラリーを習得していますっ!)、というのを口実に、ちょっと娘がややこしいときなんかはYoutubeに頼りすぎている気がして、日々反省しています。。

 

そこで、長男が未就園時によく活用していた「Tunein Radio」というアプリを久々に利用するようにしました。

 

File:TuneIn 2017.svg

 

tunein.com

 

「Tunein Radio」とは、世界中のラジオ放送やポッドキャストなどを無料でインターネット配信しているアプリのことです。私は出産前はよくこのアプリでBBCラジオの放送を聞いてリスニングの勉強に役立てていました。

 

Tunein Radioで聴くことができる莫大な数のコンテンツのうち、子供向けにお勧めしたいのが「Radio Nursery」というチャンネルです。こちらでは、24時間子供向けの童謡やお話しが途切れることなく放送されているので、とにかく英語をかけ流すのにはもってこいのチャンネルなのです。

 

長男がまだ3歳ごろ、おもちゃで遊ぶ時間によくこの放送をかけていたのですが、所詮小さな子供、おもちゃに夢中になっていたらきっと聞いてないよね、親の自己満足だよね、と思っていたのです。でも、ふと息子が知っている曲が流れると「あっ、これあの歌だね」と反応していたので、案外聞いていないようで聞いているんだなぁと感心したのを覚えています。

 

だいたい歌がメインですが、時々、「三匹のこぶた」のような童話や「機関車トーマス」のお話しなんかも流されていて、私にも勉強になります^^

 

英語のかけ流し教材を(無料で)探されている方には是非おすすめです。

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

よろしければクリックお願いいたします↓!


国際恋愛・結婚ランキング

さくらももこさんの『グンナイ』と我が子供達

少し前に、息子が幼稚園から『グンナイ』というミニ絵本をもらって帰ってきました。

 

f:id:clumsymum:20181101230750j:image

 

この絵本は、保湿クリームで同じみのニベアが日本発売50周年になるのを記念して、一般公募したお話にさくらももこさんがイラストをつけて発行されたものだそうです。

 

さくらさんといえばもちろん『ちびまる子ちゃん』が有名ですが、私にとっては、エッセイ『もものかんづめ』が強く記憶に残っています。当時私は中学生くらいだったと思いますが、この本を読んで、初めて読書しながら大笑いしましたし、エッセイが面白いものだと気づかせてもらいました。

 

あまりにも早いご訃報に心が痛みます。ご冥福を心よりお祈り致します。

 

さて、この『グンナイ』、ストーリーはこちらのyoutubeで公開されています↓

 


ニベア花王 ニベアクリーム グンナイ イラスト/さくらももこ

 

この中で、お兄ちゃんと妹が登場するのですが、妹が怖い夢を見たときに、夢の中でお兄ちゃんが助けてくれる、というシーンがあります。

 

これを読んで、「我が家は逆転だなー」と、真っ先に思いました。我が家では、妹が兄を助けています 笑。

 

つつましやかなマンションの我が家、リビングから子供部屋までなんてもちろん目と鼻の先です。でも、怖がりな息子は昼間でも1人で子供部屋に行くのを怖がります。すると娘が「一緒に行ったげるー!」と、兄をリードします^_^。

 

大好きなムーミン。でも時々ゴーストや魔女が登場するのです。するとすかさず私か襖の後ろに隠れる息子。そんな兄の姿を見て「怖くないよ〜大丈夫よ〜!」と励ます妹 笑。

 

そして極めつけ。息子は『グンナイ』に出てくる怖い夢が怖くて、この本を読ませてくれません(^_^;)

 

でも、実際はもちろん全く怖くなくて、お話もイラストもとてもあたたかく、兄妹っていいな、と思わせてくれるものですので、まだ未見の方は是非youtubeでご覧になってみてくださいね。

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

よろしければクリックお願いいたします↓!


国際恋愛・結婚ランキング

バイリンガル育児おすすめ:【ゲーム】Word Fishing

子供たちの英語教育はほぼほぼ夫に丸投げの我が家、そんな夫は常日頃から子供たちに楽しく英語を学ばせる方法を考えているようです。

 

昨日も、職場から「いいゲーム思いついたから、帰りにホームセンターで材料買ってかえる!」とメールがありました^^

 

帰宅後、買ってきた材料を手に「ちょっと作ってくる」と自室にこもってなにやら作業していた夫。どんなゲームになったかというと・・・

 

↓のようなおさかな釣りゲームができました!

 

f:id:clumsymum:20181101132606j:image

 

釣り糸の先にマグネットを付けて、裏にクリップを張り付けたお魚型の紙を釣り上げます。こういうゲームよくありますよね。でも、イギリスにはこんなゲームはないのか、私が「あぁ私も子供の頃こんなの手作りでやったやった~」と言ったら、「え~、俺のオリジナルだと思ったのに!!!」と悔しがっていました 笑。

 

ルールは単純明快、夫が紙に書いてある単語を言って、息子がその単語の魚を釣り上げるというものです。2歳娘には単語は難しいので、アルファベットで挑戦です。

 

まだまだ英単語はあまり覚えていない息子ですが、小さなころからフォニックスをやっているおかげで、初めて見る単語も、夫の発音を聞いてどれかわかるようになっていました。娘はまだアルファベットは2~3個しか分からないので、ちょっと難しかったかなぁ・・・。でも、単にかるたのように手でとるのではなくて、魚釣りをするというゲーム性を組み合わせたことで、子供たちは夢中になって遊びながらお勉強ができていました^^

 

こういうゲームを考えるの、夫は得意なんですよね。全く想像力がなく、いつも通信教材に頼っている私はいつも感心してしまいます。

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。

 

よろしければクリックお願いいたします↓!


国際恋愛・結婚ランキング

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。